院内感染防止

 患者様のお口の中に入れる使用器具は必ず唾液や血液が付着します。その器具を完全に滅菌・消毒せずに使用すると感染してしまう可能性があります。
しかし、滅菌・消毒にはかなりの経費がかかります。使い捨て製品の使用や、滅菌には時間がかかりますので同じ器具を数多くそろえねばなりません。もし自分 が治療を受ける立場なら十分に滅菌・消毒されていない器具を使用されたくありません。皆様も同じお考えと思います。当院では自分自身が安心して治療を受け られる状態まで滅菌・消毒を行っています。当院での滅菌に対する取り組みは開院当初からはじめています。当時は歯を削るタービンの中まで十分に滅菌する方 法がありませんでしたがメーカーと相談して独自に作製しました。
またドイツのKAVO社のステリマスターが開発され、すぐに導入し、短時間で効率よく滅菌できるようになりました。
院内感染防止のため、滅菌・消毒をスタッフ一同で取り組んでいます。
写真にて当院の滅菌・消毒器をご紹介します。

entry1_f_pic120130612122924.jpg